毛皮キャット系を高く売るには?

毛皮の種類には「キャット系」というものもあります。

キャット系には以下の種類があります。

 

キャット系毛皮の種類

・リンクス/大山猫/Lynx
・リンクスキャット/Lynx cat
・レオパードキャット/Leopard cat

 

キャット系の毛皮は非常に価値が高く、高値で取引されています。
またレオパードキャットは「種の保存法」という規定があり、展示する場合や譲渡する場合は登録票を付け加えないといけないというほど貴重な毛皮になっています。

 

リンクスキャット 大山猫の毛皮コートは約7万円で売れる

このようなリンクスキャットのレディースコートは約7万円で売ることができます。

希少な毛皮ということもあり、高値で取引されています。

 

 

レオパードベンガル 毛皮キャット コートは20万円で買い取ってもらえる!

このようなレオパードの毛皮は約20万円で買取が成立しています。

 

レオパードは希少な毛皮ですので市場にもあまり出回りませんし、貴重なものなので高値で取引されています。

 

もし自宅にキャット系の毛皮が眠っているのであれば査定してもらうといいですね。予想以上の査定価格がつくかもしれません。

 

毛皮を売るならヤフオクやリサイクルショップはNG!

毛皮が自宅に眠っている時、どこに売ろうか迷う方もいます。

 

迷ったあげく、地元の買取業者やリサイクルショップに売る人もいますし、ヤフオクやメルカリに売る人もいます。

 

ですがこういった判断はNGです。特に毛皮のような貴重なものを価値のわからない人に売るとかなり安く買い取られてしまいます。

 

 

切手もそうなのですが、古い切手はコレクターの中では10万円くらいの高値で取引されていますが、切手の価値を知らない人は古くて価値のある切手でも
5円ほどで買い取ってしまうことがあります。

毛皮も同じで、価値のわからない人にとってはただのコートとしか思っていません。そうなると20万円の価値がある毛皮のコートでも2000円くらいで買い取ってしまうことがあるのです。

 

こうならないためにも毛皮は毛皮買取専門店で売るようにしましょう。

 

 

私のオススメは「バイセル」という会社です。バイセルは毛皮買取専門で行なっているので高値で買い取ってもらうことができます。

 

 

私も実際に利用してみましたが、地元の買取業者に査定を依頼したら5000円しかつかなかったものがバイセルに依頼したら45000円にもなりました。

 

 

バイセルには毛皮に詳しい査定員がいるので、正確な価格で査定してくれます。

 

 

もし毛皮を売るにならバイセルに査定してもらってください。他で査定してもらうと損をする可能性がかなり高くなってしまいます。

 

 

私の毛皮を売った体験談はこちらに書きました。ぜひ参考にしてみてください。

 

【毛皮】5000円で査定された毛皮がバイセルで5万円になった体験談